年賀状の印刷について

img-1

毎年年賀状の時期になると頭を悩ませるのがデザインだと思います。


毎年同じような手書きのデザインでは味気ないしかといってあまり時間をかけるほど手間暇をかけたくないという人も多いと思います。
最近は手書きの方は少なくなりプリンタで出力したものが主流ですが、年賀状は毎年干支が変わるため、同じデザインを使い回すことも出来ません。
そのため、毎年その年の干支が入った新しいデザインを考えるのは割と大変な作業です。
そこで手間も時間もかけたくないという方の多くが使っているのが写真屋さんや郵便局などの業者さんに依頼して全ての作業をしてもらうサービスです。


この方法は印刷して欲しいデザインを選んで業者さんに頼むだけで後の作業は全て行ってくれ、完成品が手元に届いて来るというサービスです。
ハガキ代にプラス作業料金がかかるため割高にはなりますが、自分で行なう作業がほぼ必要ないため時間がない人にはもってこいの方法です。


また業者さんが行うため仕上がりも自分で行うものとは異なりしっかりとしていて、一目で違いがわかります。
そのため、手間がかかる作業をしたくない方や人よりもワンランク上の年賀状を作りたい方にオススメです。
ただ、中には作業料金などの余計な費用はかけたくないという人もいると思います。

そのような方にオススメの方法がデータを購入して自分で印刷する方法です。

年賀状のデザインだけを購入して印刷は自分で行う方法になりますので、印刷代がかかりません。
デザインのデータもワンコインで購入できるものもたくさんありますので業者さんに頼むよりは安価に作成ができます。ただ、デザインのみの購入ですので、印字を行うプリンタが必要になります。最近では、プリンタが無くてもコンビニで印刷することも出来ますがデータの送付など手間がかかる上にある程度の知識が必要になります。


そのため、業者さんに頼むよりは手間がかかる方法だと言えます。
またセルフで印字を行うため、どうしても業者さんのものと比べると質感は劣りますし、失敗する可能性も十分考えられます。
そのため、ある程度の慣れと時間の余裕が必要になるといえます。
最後にハガキ代だけしか払いたくないという方もいらっしゃると思います。

そのような方にオススメする方法ですが、そのような方は自分でデザインを考えて作成するか、もしくはパソコンなどに企業が無料でテンプレートを作成してくれているものがありますので、そのようなデザインを使うという方法もあります。
この場合も自分で印字を行う必要がありますし、テンプレートをダウンロードするためのパソコンも必要になってきます。

そのためパソコンとプリンタの両方が必要です。

また、無料のテンプレートを使用する場合、同じデザインを使っている方がいる可能性もありますし、満足できるデザインがない可能性もあります。
また、ある程度のパソコンの知識がないとダウンロードが難しいですので、知識と時間が必要になります。

















関連リンク

img-2
弱小商店が大企業と渡り合うWeb制作の醍醐味

もしあなたが世界的に有名な人物であるならば、Web制作をしたとたんにひっきりなしのアクセスに恵まれることになります。閲覧者はあなたのことを知りたくてたまらないので、例えば今日はこんなランチを食べました、という事実を写真付きでアップすれば、閲覧者はそれだけで大満足です。...

more
img-2
喪中はがきの印刷のタイミングと内容について

新年の挨拶として、年賀状のやり取りをしているという人も多いことでしょう。しかし、身内に不幸があった場合には、年賀状を出すことが出来ないものです。...

more
top