喪中はがきの印刷のタイミングと内容について

img-1

新年の挨拶として、年賀状のやり取りをしているという人も多いことでしょう。しかし、身内に不幸があった場合には、年賀状を出すことが出来ないものです。

そこで、年賀状を出すことが出来ないという旨をこれまで年賀状のやり取りを行っていた人に伝えるのが、喪中はがきです。年賀欠礼状と呼ばれることもあります。この喪中はがき、多くの人が年賀状を準備し始める頃に相手に届くように出すようにしましょう。


具体的には、11月下旬から12月上旬となります。

その為、印刷業者などに印刷を依頼するという場合には、この時期よりも少し前に依頼することが大切になります。なお、12月中旬などに不幸があったという場合には、無理に喪中はがきを出す必要はありません。
その場合には、年明けに寒中見舞いなどとして年賀状を出すことが出来なかった理由などを記載することで、失礼にはあたらないでしょう。
喪中はがきは身内に不幸があった時に出すものですが、この身内の範囲としては、考え方の違いもあるでしょうが、一般的には、父・母・子供・兄弟姉妹・夫・義父・義母となります。

父方もしくは母方の祖父母や義兄弟・義姉妹については、喪中とする人もいれば、しない人もいます。


故人と親しい関係にあった場合には、喪中としても良いでしょう。


そして、父方もしくは母方の曾祖父母、叔父や叔母、従兄弟に関しては、喪中とはしない人が多いようです。


なお、喪中はがきについては、最近では郵便局でも扱っているケースがありますが、専用のはがきを自身で用意するもしくは官製はがきを利用するという方法があります。印刷については、枚数が少ないという場合には、自身で行っても良いですが、枚数が多いという場合には、業者に依頼したほうが安上がりとなることが多いようです。

書く内容としては、年賀欠礼状と誰がいつ亡くなったのかということ、相手の無事を祈るような言葉、日付です。

業者に依頼した場合には、あらかじめいくつかのテンプレートが用意されており、自身が選択することが出来ることもありますので、確認し、選択するようにしましょう。必ず記載することとしては、故人との続柄は忘れずに記載するようにしましょう。
一般的な年賀状や挨拶状であれば、自身の近況を知らせるような一言を記入することが多いのですが、この場合には、近況を報告するような一言は記入する必要はありません。

また、拝啓や敬具などの言葉を記入する必要もありません。


はがきの表面には、通常のはがきを出す時と同様に、相手の住所や氏名、自身の住所、氏名を書くようにしましょう。
なお、地域や家の習慣などにより、若干の違いがある場合もあります。


そのような時には、家の習慣を確認するなどして、それに従うようにしましょう。
このはがきは出す相手はもちろんのこと、故人に対する気持ちを表すものでもあります。そのため、それぞれに失礼のないように出すようにすることが大切になります。

しっかりとした障害者の食事はとても人気があり、興味深いです。



大阪でホームページ制作の正しい情報を手に入れましょう。

話題の大阪の新聞折込情報を見つけましょう。

満足度の高い広告制作は支持されています。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/nihon-u/refresh/brs.html

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201610/CK2016103102000247.html

https://allabout.co.jp/gm/gc/456224/

関連リンク

img-2
安い料金の映像制作で思い出作りなど様々な使い道

近頃は、一般家庭にもデジタルビデオカメラが普及してきていることによって、個人的に音楽発表会や、運動会などといった学校行事を撮影する父親も増えています。また、学校に通うような子供がいないような家庭でも友人が行っている演劇や、コンサート、スポーツの試合などを思い出として撮影をしている人も少なくありません。...

more
img-2
喪中はがきの印刷のタイミングと内容について

新年の挨拶として、年賀状のやり取りをしているという人も多いことでしょう。しかし、身内に不幸があった場合には、年賀状を出すことが出来ないものです。...

more
top