折込チラシなら配布の手間も省けます

img-1

折込チラシはチラシ広告の中でも反響効果が高いと言われていますが、その理由は新聞と一緒にチラシ広告を配布する事が出来るため、配布と言った作業を新聞業者に一任して行う事が出来るからなのです。



通常チラシ広告と言うのは、業者に依頼をしてチラシ広告をポストに投函する方法やお店のスタッフなどが自らチラシを配布する方法、ダイレクトメールを利用して、不特定多数の人々にチラシを配布するなどの方法があります。スーパーなどの安売りチラシの場合には、スタッフが自ら地域に住む人々の自宅のポストにチラシ広告を投函する方法や業者に依頼を行い、エリア内に住む人々の自宅のポストにチラシを配布すると言った作業が必要になるため、工数そのものが掛かる事になります。



その点、新聞の折込チラシとして配布を行えば、新聞は朝刊と夕刊の2度の配布が行われるので、地域に住む人々に対してチラシ広告を配布するのにも最適です。



新聞を取っている人と言うのは多くいますし、新聞と言うのは色々な会社が製作を行っており、地域に住む人々に折込チラシとして配布を行えば、より多くの人々に対してチラシ広告を配布する事が出来ると言うメリットを持ちます。しかし、新聞を使わずにチラシを配布するとなると、1軒ずつ回ってポストにチラシを入れて行かなければなりませんし、それをお店の従業員が行うとなれば工数祖のものが多くなってしまいます。

新聞の場合は、会社に依頼をすれば新聞の間に挟んで一緒にチラシを配布して貰う事が出来ます。

新聞配達と言うのは、契約を行っている家に対し、1か月間や3か月間の契約の中で、毎日朝刊と夕刊の両方や朝刊のみ、夕刊のみと言った具合に配達が行われているので、チラシ広告が1枚多くても配達する手間と言うのは変わりません。



しかも、新聞の配達と言うのは、基本的に決められた時間の中で配達が行われるので、チラシ広告に記載されている内容が、本日の特売チラシと言った場合でもいち早く消費者の元にチラシ広告を配布する事が出来ると言うメリットがあります。


従業員がチラシ広告を配布すると言った場合には、お店が営業開始時刻前にお客様のご自宅のポストにチラシを投函しなければならないので、工数だけではなく配布する時間についても考慮しなければなりません。



尚、折込チラシと言うのは新聞が出来上がり、それぞれの営業所に新聞が届けられ、配達を行うスタッフなどがチラシ広告をまとめて新聞の間に入れると言う作業が必要になるため、チラシ広告自体の納期や期日、そして時間を考えて制作をしなければなりません。



新聞は午後2時には刷り上がり、それぞれの配達所に送られると言われており、新聞が届いた時点で折込チラシをまとめあげ、配達スタッフなどが新聞の間に入れて配達を開始するので、それまでにチラシ広告が完成している必要があります。



最近は、オンデマンド印刷と言った短期間でチラシを製作する事が出来る印刷手法もあり、時間厳守と言ったチラシ広告を作る時などに利用する会社などが多くなっています。



関連リンク

img-2
安い料金の映像制作で思い出作りなど様々な使い道

近頃は、一般家庭にもデジタルビデオカメラが普及してきていることによって、個人的に音楽発表会や、運動会などといった学校行事を撮影する父親も増えています。また、学校に通うような子供がいないような家庭でも友人が行っている演劇や、コンサート、スポーツの試合などを思い出として撮影をしている人も少なくありません。...

more
img-2
弱小商店が大企業と渡り合うWeb制作の醍醐味

もしあなたが世界的に有名な人物であるならば、Web制作をしたとたんにひっきりなしのアクセスに恵まれることになります。閲覧者はあなたのことを知りたくてたまらないので、例えば今日はこんなランチを食べました、という事実を写真付きでアップすれば、閲覧者はそれだけで大満足です。...

more
top